品川ラズベリー店長ブログ
貴方も入店祝金12万円ゲットしよう!
月別記事
グループ系列店ブログLink

2007年11月28日

道具と身体の一体化を目指しつつ

ピアノと指ピアノが上手いヒトは指が鍵盤に貼り付いているように見えるというか、要は鍵盤から大きく指が浮かないわけです。逆に下手なヒトはイチイチ指が鍵盤から離れて見た目にも余り美しくありません。これはピアノに限らず、楽器の話ならトランペットなどもそう、上手いヒトはピストンから指が浮くことがなくてやはり貼り付いているように見えます。もう少し身近な話なら、パソコンのキーボードを叩く指も同じ、下手なヒトほどキーボードから大きく指が浮いて無駄な動きが多くなります。要は、何であれ達者なヒトはその道具と身体が一体化してしまうわけで、むしろそれ故に達者であると、逆に操作の覚束ないヒトはそれが身体と分離し、常に「距離」を持ってしまっているわけです。

そんなことを考えてみたりするのは、この仕事に関わる或る事で「巧拙」を実感する機会が最近あったから、ラズ娘たちの指使いの話ではなくて、クルマの運転の話です。余り上手くないヒトというのはやはりクルマと身体が一体化していなくて、特にアクセルからイチイチ足が浮いてしまう故に無駄に運転が荒くなってしまうわけです。この仕事でのクルマの運転は「大切なヒト」を乗せて走ることが多いわけですから、身体とクルマが一体化した「流れるような走行」を心がけることが基本、丁寧に丁寧を重ねても何一つも悪いことなどありません。

と、まあ、そんなこんなで、自戒の意味も込めて、ですね。


品川でデリヘルといえば、『品川ラズベリー』ですよー

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星