品川ラズベリー店長ブログ
貴方も入店祝金12万円ゲットしよう!
月別記事
グループ系列店ブログLink

2008年07月31日

○○さんのラズ娘批評☆めいちゃん

めいちゃん書店のカバーをかけた文庫本を熱心に読んでいた或るラズ娘に「何を読んでいるのですか?」と訊ねたところ、恥ずかしそうに「えへへ」と笑うだけで何を読んでいるのかは教えてくれませんでした。「教えて下さいよ〜」とシツコクお願いしたら、それが村上春樹の『ねじまき鳥クロニクル』だとシブシブ教えてくれました。

結論から言えば、私はそのラズ娘に大いに好感を抱いたのですが、それは彼女が村上春樹を読んでいたからではなくて、村上春樹を読んでいるという事実を何となく「恥ずかしいこと」と認識しているように見受けられたから、「村上春樹を読んでいます!」と得々と返答されていたら私の印象はまた違うものになったはずです。

村上春樹というのは決して通俗な作家ではないのですが、「村上春樹を好んで読む人」には通俗な人が多い印象があります。そのヘンはまあ『ノルウェーの森』が大流行した当時に多感な時期を過した私の偏見も大いにあるのだと思うのですが、何にせよ「通俗さ」に対する認識と「通俗を恥じる」という彼女に垣間見られるちょっと歪んだ心象風景が(勝手な思い込みかも知れないのですが)私に好感を抱かせた理由なのです。

と、言うわけで、私が好感を抱いたそのラズ娘が誰なのかは差し当たり「内緒」ということで、というか、本日は出勤していないので、此処で触れても営業戦略的に然して意味がありませんし…、「だったら最初から書くな!」とか厳しい突っ込みはナシで…。ともあれ、ラズ娘たちには読書家も多いのですよ、てお話です。

そんな次第で、上の写真のチョー可愛いラズ娘は、最近読んだ小説は『恋空』だと言うちょっとロマンチックなめいちゃんです。捻くれモノの私は村上春樹を恥じるラズ娘も好きですが、邪気もなく「『恋空』です!」と答えるラズ娘も好きです。めいちゃんの屈託のない笑顔に癒されつつ、平成が既に二十年目を迎えている事実に遠い目をしてみせる本日の○○さんでした…。



品川でデリヘルといえば、『品川ラズベリー』ですよー



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星